【妻の浮気調査のポイントとおすすめ探偵事務所】

自主調査か、探偵に頼むか?

妻の浮気を確実に押さえる方法についてまとめたサイトです。

 

妻の浮気調査 24時間相談無料 原一探偵事務所

 

浮気の兆候

浮気をしている妻によく現れる兆候は下記のとおり。

 

  • 体を触られるのを嫌がる。
  • 理由をつけてエッチを避けようとする。
  • 携帯を手放さなくなる。
  • 連絡の取れない時間が多くなる。
  • フェイスブックなどSNSで他の男と写っている写真が見つかった。
  • 派手な下着を新しく買っている。
  • パートの出勤日や急な応援出勤が増えた。
  • スポーツクラブや習い事に出かける日が増えた。

 

浮気をすると男もエッチの回数が減るが、これは射精の回数に限界があることが大きい。

 

女性の場合はむしろ、感情面での変化が大きな原因で、好きでない人に触られたくないということ。

 

しかし、子供に関心が集中している、体調低下など、他の原因もありえる。

 

あるいは、単にあなたへの不満がたまっている可能性もある。

 

パートやスポーツクラブのことを挙げたのは、職場とスポーツクラブが不倫相手との大きな出会いの場になっているから。

 

増えた出勤日やクラブ通い日は、浮気日になっていることも多い。

 

しかし、これも単に収入を増やそうとしているだけだったり、運動に夢中になっているだけの可能性もある。

 

総合的に捉えるようにしてください。

 

複数の兆候が表れているほど、疑いは濃厚となる。

 

浮気相手との出会いの場

不倫の相手とはどこで知り合うのか?

 

男性の場合は職場が一番多く、出会い系や水商売関係も大きな比率を占める。

 

女性の場合は、かなり異なる特徴がある。

 

  • 子供の友達の親
  • 同窓会
  • 職場の上司・同僚
  • スポーツクラブ・習い事
  • 出会い系

 

PTAなどが出会いの場になっていることは驚くべきこと。

 

他には、同窓会とスポーツクラブが大きな機会になっているのが、女性の浮気の特徴。

 

快く送り出してやる夫でありたいが、現実にはそこで悪い遊びを覚えてしまう危険もあることは知っておかねばならない。

 

浮気の証拠の取り方

冒頭のリストはあくまで「浮気の兆候」であって、「浮気の証拠」にはならない。

 

では、浮気の証拠とは何か?

 

裁判で使える証拠、それはズバリ写真。次のような条件を満たす写真。

 

  • 顔がはっきり映っていて、人違いはありえない
  • (ラブホテル出入りなど)男女関係しかありえないシーン

 

録音、メールのやりとりなども証拠になりうるが、使われることは少ない。

 

改竄・ねつ造しやすいものは証拠と認められにくく、また盗んで手に入れた証拠は認めてもらえないから。

 

つまり、浮気調査で一番大切なのは、上記のような写真を撮ること。

 

【浮気調査とは?】

 

いつ・どこで・誰と浮気をしたか記録を取り、必ず証拠能力のある写真を押さえる。

 

浮気調査結果の活用

方向性は2つ。

 

  1. 浮気を認めさせ、別れさせて和解する
  2. 離婚する

 

最初は和解するつもりでも、真実を知ることで離婚に傾いていくことはよくある。

 

その場合も調査やり直しをせずに済むようにしたい。

 

当初は離婚の気持ちがなくても、最初から証拠能力の高い写真を入手すること。

 

夫は金づる。経済基盤。

 

夫が離婚したくても妻は簡単には応じない。

 

裁判になってしまった時、助けてくれるのが「動かぬ証拠」。

 

その後のお金の話し合いでも、妻の浮気が原因の離婚で夫が損をしないために、明確な証拠は重要。

 

自分でやるか?探偵に頼むか?

尾行を自分でやるのはあまりにリスク大。

 

自分で浮気調査するリスク
  • よく知っている人間は、変装していても遠目でわかる。発覚の危険、極めて大。
  • 車両尾行は特に難しく、素人は短時間で発覚・失尾(見失う)・交通事故に至る。
  • 機材と操作スキルがなければ、暗所で鮮明な隠し撮りなど不可能。
  • 発覚時には浮気相手の男と暴力沙汰の危険もあり。
  • 一度、調査失敗すると警戒度が上がり、再調査は困難に。
  • 探偵に頼み直しても調査難航し、費用が膨らむ。

 

探偵社選びさえ間違えなければ、プロに任せた方が良い結果が得られる。

 

プロの浮気調査
  • 妻にも浮気相手にも気づかれないチーム尾行。
  • 車両尾行も2台以上連携で行う職人技。
  • 決定的シーンを鮮明に撮影。
  • 妻にも弁護士にも説明しやすい調査報告書にまとめてくれる。

探偵による浮気調査の概要

 

調査品質は雲泥の差

探偵社によって、取ってくる証拠品質に大差があることをまず知る。

 

高品質の例
  • 二人でホテルの部屋を選んでいる鮮明な接写写真。
  • 二人の顔が鮮明な路チュー写真。
  • 夜の公園でセックスしている顔の鮮明な写真。
低品質の例
  • ラブホテルから出てくるシーンだが、人物の写りがやや不鮮明。
  • ラブホテル付近を二人で歩いているだけの写真。
不良品(証拠能力なし)
  • 街を手もつながず、二人で歩いているだけの写真。
  • ラブホテルから出てくる写真だが、不鮮明で人物が特定できない写真。
  • ラブホテルに自家用車が停まっているだけの写真。

 

高品質の事例は、大手有名探偵社(原一探偵事務所)の実際の事例から。

 

特に、ホテルの入りを捉えての部屋選びシーン接写はこの探偵社のお家芸。

 

少なくとも不良品をつかまされないようにする。

 

車しか写っていない写真を渡されることも多いが、そんなものは何の証拠にもならない。

 

「ホテルに行ったのはあなたでは?」と言われたら終わり。

 

探偵社の選び方

次の4つのポイントに気を付ける。

 

  1. 調査力が高いこと
  2. 地元にオフィスがあること
  3. 指定した日に調査ができること
  4. 料金が明快なこと

 

1.調査力が高いこと

不良品の証拠写真では調査はムダ。

 

一定以上の調査力は料金以前の大前提。

 

各社とも実態がよくわからず、皆「うちは調査力が高い」と言うので、判断しにくい。

 

しかし、「尾行のやりかた」と「どんな証拠写真を撮ってこれるのか?」を詳しく質問するとだいたいわかる。

 

GPSを取り付けて車がラブホテルに入ってから探偵が現場に向かうやり方でコストダウンする探偵社が増加。

 

この方法だとシャッターチャンスはラブホテルを出る一瞬に限られ、低品質になりやすい。

 

高品質例で挙げたような写真は、まじめに尾行しないと撮れない。

 

探偵の技術の真髄である尾行に自信を持っている探偵社を選ぶべき。

 

車両尾行もチーム尾行が必須なので、車が1台しかないような探偵事務所も問題外。

 

2.地元にオフィスがあること

遠方の探偵に頼むと出張費が莫大になる。

 

また、地元探偵社に見せかけてネットで集客して出張してくる探偵も。

 

オフィスがないので、ファミレスや喫茶店で打ち合わせしようとする。

 

こういう探偵は都合が悪くなると連絡がつかなくなるので取引しないこと。

 

打ち合わせは、面倒でも先方に出向いてオフィスを確認すべし。

 

3.指定した日に調査ができること

勝負日(浮気をしている可能性が高い日)を絞り込むことは、費用を抑えるポイント。

 

しかし、小規模探偵社では勝負日に空いている探偵が足りなくて調査できないことが多発する。

 

こちらの要望に柔軟に応えられるキャパのある探偵社を選ぶべき。

 

4.料金が明快なこと

探偵は料金トラブルの多い世界なので、次の2点に注意する。

 

  • 料金に何が含まれるか、よく確認する。
  • 大切なのは最初の金額ではなく、総額がいくらかということ。

 

調査料金に含まれる範囲

調査は写真を撮るところまでなのか、浮気相手の住所を確認するところまで含むのか?

 

車両尾行に使う車両代は含まれているのか、いないのか?

 

そういうことを細かく確認し、説明があいまいな探偵社は却下する。

 

実費後日清算を取っている場合

浮気調査は実行してみないといくらかかるかわからないコストも多い。

 

例えば、尾行のガソリン代・駐車場代・高速代などは相手の移動量で変化する。

 

だから「経費実費は調査料金とは別に後日請求」の料金システムは間違いではない。

 

しかし、「実費」を調査料金以上に膨らませ、総額は最初の金額の2倍以上になることも。

 

実費精算の中身(費目)とおよその見込み額について説明を求めること。

 

成功報酬を取っている場合

失敗したら払わなくていいので、一見トクだが、「成功の定義(何をもって成功というのか?」が問題。

 

  • そもそも浮気などしていなかった場合は払わなくていいのか?
  • 男との接触は確認できたが、その日はエッチしなかった場合は?
  • 浮気は確認できたが、求める品質の証拠写真が撮れなかった場合は?

 

人探しなら「成功=探し人が見つかる」でわかりやすいが、浮気調査は「成功」の基準がわかりにくい。

 

探偵側の勝手な基準で「成功」として請求される例が多く、おすすめしない。

おすすめの探偵社

 

妻の浮気調査 24時間相談無料 原一探偵事務所

 

原一探偵事務所

妻の浮気調査を探偵に頼むことにしたとして、次はどこに頼むかが問題になる。

 

当サイトのおすすめは原一探偵事務所。

 

業界トップの大手で調査力の高さは群を抜いている。

 

規模があるため、勝負日に人が足りなくて調査を断ってくるようなこともない。

 

原一探偵事務所の特長
  • 尾行のスキルと装備は業界トップの調査職人集団
  • 零細主体の業界で全国18拠点展開のリーディング企業
  • 業界で一番情報公開しており、実態が見える会社
  • 最初に総額を決め、追加請求を一切しないわかりやすい料金体系

 

本社ビル写真

【本社ビル: 自社ビルまで持つ探偵社は極めて稀】

 

全国18ヶ所の自社拠点

札幌/仙台/高崎/千葉/埼玉(川越・大宮)/東京(日本橋・新宿)/横浜/静岡/名古屋/大阪/神戸/岡山/松山/広島/福岡

 

全国統一料金で、支社のない地域も出張費は取らない。

 

相談と調査計画立案までは無料。

 

契約を急がせるようなこともしないので、一度無料で相談してみては?

 

365日・24時間相談無料 原一探偵事務所はコチラ